横浜で、今住んでいるご自宅を新しくリフォームされたいと感じている方もいらっしゃいます。リフォームをされるということは、リフォーム中にどこか他に住むところを確保しなければなりません。そうなった場合、物件を借りなければなりませんが、借りなければならなくなるとまず不動産会社に問い合わせをして、予約を取り、物件の提供をして内見をする必要が出てきます。ですが、仮住まいのためにいちいち面倒な手続きを踏みたくないという方もいらっしゃいます。そんな方にウィークリーマンションはおすすめです。ウィークリーマンションの場合は、不動産会社に電話さえすればその電話1本で契約することが可能になります。もちろん書類は書かなければなりませんが、それも郵送で済ますことができるようになっているので、煩わしいと感じることもありません。

横浜のウィークリーマンションを借りるか迷う方へ。

横浜市のウィークリーマンションを借りようかどうか迷っている方もいらっしゃるでしょう。このタイプのマンションは出張男性が借りるものというイメージが強いことが特徴としてありますが、単に出張が決まった方のみが借りるという訳でもありません。たとえば一時的に今住んでいる家に住むことが難しくなってしまったという場合にウィークリーマンションを契約されるという方もいらっしゃいます。短期的な契約になりますので家賃も通常の物件に比べると安く済むのがメリットです。物件にもよりますが、通常の物件の半額程度で済むマンションも存在します。しかし、借りる際には理解しておく必要があることもあります。それは、防音面です。設備に関しては家具が付いているなど、優秀でもその分壁の厚さを若干薄めにしているという場合もありますので、音が響きやすいということを理解したうえで契約する必要があります。

横浜のウィークリーマンションとマンスリーの違い。

横浜にはウィークリータイプのウィークリーマンションとマンスリータイプのマンションが存在していますが、この2つは実は明確な違いがあります。マンスリーの方は基本的に1カ月単位で契約をすることになりますが、ウィークリーの方ですと1週間単位での契約となります。といっても、必ずしも契約期間が決まっている訳ではなくて、1カ月以上、場合によっては1年間借りたりすることもできます。つまり、3日間だけ出張しなければならないけれども、急なこともあり泊まるホテルがなさそうという場合などでも借りることが可能ということです。しかも、冷蔵庫やエアコンなど最低限生活に要るものは備え付けとなっています。そのため、身1つで入居できますし、新しく買わなければならない用品が出てきたりもしないので、安心して入居することができます。

横浜への出張など、ちょっとした仮住まいに便利なウィークリーマンションを特別料金にてご案内いたします。 ツインタイプ5,900円~のご案内です。 単身入居や、ご家族揃っての長期の滞在まで対応しています。 上大岡や蒔田・吉野町などにも物件多数あります。 皆様に、お得に楽しんでいただけるように、様々なキャンペーンや特典、イベントをご用意しておりますので、ご利用ください。ウィークリーマンションを横浜で探すならこちら