横浜に位置しているウィークリーマンションは、短期契約でないと借りることは不可能なのではと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。確かに、ウィークリーと聞くと短期滞在というイメージが強いです。しかし、ウィークリーマンションであっても必ずしも短期契約でないといけないということではありません。1週間単位での契約とはなっていますが、最初から住む期間が長引くかもしれないという方に関してはあらかじめ契約期間を長めに取ることもできます。そうすれば長く住むことも可能です。しかも、ウィークリーマンションは通常の物件とは扱いが違ってくることもあり、初期費用が0円で済むようになっています。そのため、あまり引っ越しにかけられる予算がないという方にもこのタイプのマンションに入居することはお勧めです。

横浜のウィークリーマンションは保証人なしです。

横浜にもたくさんマンションがありますが、マンションの中にもウィークリーマンションと呼ばれる形態のマンションも存在しています。ウィークリーとは、1週間のことですが、マンションと付くので1週間を単位としてマンションの契約をするマンションを指します。短期賃貸となるので、冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品やお布団など基本的に生活に必要とされている用品や家具は最低限付いてくることになります。最低限付いてくるということは、最初から買い足したりする必要性がないということです。つまり、ご自身の着る洋服やパジャマだけを用意して入居することもできます。普通の賃貸であれば、保証人を設定しなければならないところも珍しくはありません。しかしウィークリーマンションは保証人もいりませんから、複雑な入居審査もないことがほとんどです。

横浜ウィークリーマンションは店舗に行かなくても可

横浜にあるウィークリーマンションを借りたいと感じても最初は不動産屋さんに行く必要があるのかと疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、中には仕事の都合などで不動産屋さんに行く暇がないくらいの方もいらっしゃいます。ですがそんな方でも契約はできます。何故かというと、ウィークリーマンションを借りる場合は不動産屋さんに行かなくても契約することが可能だからです。まず、不動産屋さんに問い合わせをした際に契約したい旨を伝えれば良いことになっています。また、どこのマンションで契約をするか決めあぐねているといった場合ですと、問い合わせさえすれば不動産屋さんに代わりに探してもらうことができるので良い物件が見付かります。後は必要書類を送ってもらい、記入しそれに封をして返送すれば、契約が成立することになります。